国民年金とは

2017年1月13日 更新

国内に住む20歳から60歳までの全ての人が加入しなければなりません

「長寿社会」日本に暮らす私たちにとって、長い「老後」の過ごし方がますます大切なものになっています。「老後」を安心して暮らすための基盤となる制度が国民年金です。

また、老後だけでなく、万が一病気やケガで障害の状態となり今までどおり働けなくなったときや、一家の働き手が亡くなったときなど「もしも」のときにも、あなたの人生の強い味方になってくれます。

あなたの将来の安心のために、すべての人が支え合う国民年金制度の理解を深めてください。

公的年金制度の役割(日本年金機構ホームページ)(外部リンク)

被保険者は次の表のとおりです。

国民年金の加入者は3種類

国民年金加入者の種類の表

加入者

種類

保険料の納め方

20歳以上60歳未満で、農業、自営業などの方。第2号被保険者の扶養になっていない方。学生。

第1号被保険者

国から送られてくる納付書で、ご自分で郵便局、金融機関、コンビニエンスストア等で納めます。

口座振替やクレジットカード払いも可能です。

ご自身が厚生年金や共済組合に現在加入している方

第2号被保険者

保険料は給与から天引きされ、勤務先がまとめて納めます。

第2号被保険者に扶養されている妻または夫で20歳以上60歳未満の方

第3号被保険者

保険料を納める必要はありません。第2号被保険者が加入する制度で負担します。

公的年金の種類と加入する制度(日本年金機構ホームページ)(外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 保険年金課 国民年金係
電話番号:042-481-7062
ファクス番号:042-481-6442

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。