個人情報保護制度

2016年6月20日 更新

個人情報の保護とは

市は、市民の皆さんの生活に密着した仕事をしていますので、皆さんの個人情報を数多く保有しています。そのため、個人情報の取扱いに適正を欠いた場合には、個人の権利利益を侵害してしまうおそれがあります。
そこで、市では個人情報を守り、プライバシーが侵害されることがないよう、個人情報保護制度を実施して皆さんの権利擁護に努めています。
個人情報保護制度とは、市が保有している個人情報について、その取扱いのルールを明確にして、市民の皆さんが自分に関する個人情報の流れを自らコントロールする権利を保障することにより、信頼される市政運営を目指すことを目的としています。

個人情報とはどんなもの?

個人に関する情報で、氏名や住所などで特定の個人が直接分かるものや、他の情報と組み合わせることにより個人が識別されるようなものをいいます。これには文書や図画、フロッピーディスクなど、記録の形態を問わず市が保有しているすべてのものを含みます。 

 個人情報保護制度の概要

個人情報を取り扱うルールを明確にします

  1. 個人情報を取り扱う事務の名称や個人情報の内容などを市長に届け出て一元的に管理し、個人情報の流れが分かるようにします。届出書は、総務課公文書資料室で閲覧できます。
  2. 個人情報を収集するときは、事務の目的を明確にし、必要な範囲内で適法かつ公正な手段で収集します。また、個人情報は原則として本人から収集します。
  3. 思想・信条、社会的差別の原因となるような個人情報は原則として収集しません。
  4. 個人情報を適正に管理します。 
  • 個人情報は正確かつ最新の状態に保ちます。
  • 個人情報の漏えい、滅失、き損の防止のため、必要な措置を講じます。
  • 不要となった個人情報は速やかに消去し、又はこれを記録した公文書を廃棄します。
  • 個人情報の適正な維持管理のため、各課に調布市個人情報保護管理責任者を置きます。
  1. 個人情報は、原則として収集した事務の目的以外に利用したり、外部へ提供することはしません。

市民の自己情報コントロール権を保障します

  1. この制度では、自らが自己に関する個人情報の流れを管理する権利(自己情報コントロール権)を保障しています。具体的には、市が保有する自己情報の開示や訂正、削除等を請求することができます。
  2. 請求は市に自己情報が記録されている方ならどなたでもすることができ、また、未成年者や成年被後見人の法定代理人も本人に代わって請求することができます。
  3. 開示の請求があった自己の個人情報については、開示することが原則ですが、次の情報に該当する場合は、例外として開示することができません。
  • 法令等で開示できないとされる情報
  • 評価、判断等に関する情報
  • 調査、争訟等に関する情報
  • 第三者の権利利益を侵害する情報
  • 国等との間における協議、協力により作成、取得した情報
  • 未成年者の法定代理人が請求した場合で、開示することが当該未成年者の利益に反すると認められる情報
  1. 自己の個人情報に事実の誤りがある場合は、その記録内容の訂正を請求することができます。
  2. 市が個人情報を取り扱うルールに違反して個人情報を収集したり利用している場合には、その削除や利用の中止を請求することができます。
  3. 開示や訂正等の請求をする際は、運転免許証、パスポート等本人であることを証明する書類を添えて、自己情報開示等請求書を提出してください。
  4. 請求のあった翌日から、開示請求の場合は14日以内、その他の請求の場合は30日以内に請求に対する決定をして請求者に通知します。(請求対象の文書が多い場合などやむを得ない理由で60日を限度に延長することがあります。)
  5. 開示等の請求・相談は4階の行政資料室(情報公開コーナー)で受け付けます。 

非開示等の決定に不服があるときは

請求内容に対する市の非開示などの決定に納得ができないときは、行政不服審査法に基づく審査請求をすることができます。

第三者機関により制度運用をチェックします

市長の諮問機関として、調布市個人情報保護審査会を設置し、制度の運用をチェックします。審査会は学識経験者を含む6人で構成し、制度の重要事項について市に意見を述べることができます。

民間事業者に対して個人情報の適正な取扱いを求めます

個人に関する情報は、市ばかりでなく、民間事業者にも大量に蓄積されています。そこで、事業者が個人情報を取り扱う事業を行う場合、個人情報保護の重要性を認識していただき、市民の権利利益を侵害することのないよう責務を課しています。

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課 公文書管理係
電話番号:042-481-7322・7370
ファクス番号:042-481-6454

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。