家電リサイクル法のしくみ

2016年1月12日 更新

家電リサイクル法は、家庭用電化製品を適正に処理し、資源の有効利用することで、生活環境の保全と経済の健全な発展を図るため、「消費者」、「販売店」、「製造者」がそれぞれ役割を果たしながら、協力しあいリサイクルを推進する法律です。

対象品目

  • テレビ(ブラウン管式、液晶・プラズマ式)
  • 電気洗濯機・ 衣類乾燥機(ガス式も含む)
  • 電気冷蔵庫・電気冷凍庫
  • エアコン

処理方法

上記の品目の処分方法は、次のとおりです。

処分費用

リサイクル料金と収集運搬費用がかかります。

  • リサイクル料金 一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター(外部リンク)からお調べください。
    (注1)リンクはトップページです。リサイクル料金は当該リンクからお調べください。
    (注2)料金は、品物やメーカー、大きさ等により異なります。
  • 収集運搬費用 販売店及び専門業者にお問い合わせください。
    (注)料金は、販売店や専門業者により異なります。

このページに関するお問い合わせ

環境部 ごみ対策課業務係
電話番号:042-481-7686
ファクス番号:042-481-9039

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。