高齢者緊急通報システム

2015年11月13日 更新

内容

自宅に専用通報機を設置し、病気・事故などに陥った時に、ペンダント型の無線発報器(自宅内のみ使用可)、又は、通報機本体の緊急ボタンを押すことにより、救急車による救助、協力機関や民間事業者の援助を得ることができます。
利用料は無料です。

緊急通報システムのイメージのイラスト

対象者

65歳以上のひとりぐらし又は高齢者世帯(日中高齢者のみとなる世帯の方もご相談に応じます)で、心疾患等により、日常生活を営むうえで常時注意を要する状態にある方。
なお、75歳以上のひとりぐらしの方は、希望によりご利用いただけます。

申請窓口

  1. 各地域包括支援センター
    (注)地域毎に担当のセンターがございます。下記のリンクにてご確認下さい。
  2. 高齢者支援室高齢福祉担当
    (注)2の窓口では、75歳以上のひとりぐらしの本人申請のみ受付けます。

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 高齢者支援室 高齢福祉担当
電話番号:042-481-7149・7150・7351
ファクス番号:042-481-4288

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。