調布市消防団

2014年2月1日 更新

消防団員はそれぞれに自分の仕事を持ちながら、火災・災害などの発生時には、現場に出動し、消防署と連携・協力し、消火・警戒活動を行うなど、市民の皆さんの生命と財産を守るために活動しています。

調布市消防団の組織

団長1名、副団長3名で構成する消防団本部と分団長1名、副分団長2名、部長2名、班長2名、団員13名で構成する分団(第1分団から第15分団まであります)で組織されています。   

災害に備え、訓練・研修を受けています

  • 規律訓練、基本操法訓練、機関員訓練、総合防災訓練、震災消防演習、文化財防火演習

  • 新入団・幹部団員研修、救命技能講習、交通安全講習、専科教育の受講 

災害の防止に向け、警戒活動を行っています

  • 花火大会、だるま市
  • 春秋の火災予防運動、歳末

洪水等に備え、水防活動を行っています

  • 水防演習
  • 台風接近時の水防警戒及び水防活動

日頃の訓練の成果を示します

  • 出初式、ポンプ操法大会、北多摩消防大会

地域活動にも取り組んでいます

  • お祭り、盆踊りの警戒
  • 地域防災訓練への協力

その他

  • 訓練・研修の確認し、災害時の適切な行動のために、各分団ごとに独自に訓練を実施しています。
  • 毎月、装備品やポンプ車の点検を行っています。
  • 管轄地域の消防水利の把握・点検に努めています。

消防団員はそれぞれ仕事をもっています。そのため、消防団の訓練や点検は夜間に行うことになります。皆さんのご理解をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

総務部 総合防災安全課
電話番号:042-481-7346~8
ファクス番号:042-481-7255

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。