母子福祉資金・父子福祉資金貸付

2014年10月8日 更新

父子福祉資金が創設されました

平成26年10月1日より、父子福祉資金が創設されました。資金の種類等は、母子福祉資金と同様です。

母子福祉資金・父子福祉資金 

ひとり親家庭の方々が経済的に自立して、安定した生活を送るために必要とする資金の貸付を行っています。 

貸付を受けられる方

都内に6ヶ月以上住んでいて、20歳未満の子どもを扶養している母子家庭の母及び父子家庭の父。

(注)平成26年10月1日より、世帯で20歳未満の子どもを扶養していれば、20歳以上の子どものための貸付を利用することができるようになりました。

連帯保証人

独立して生活を営んでいる方で、この資金について他に保証をしていない方が1人必要です。

資金の種類

事業開始資金・事業継続資金・修学資金・就学支度資金・修業資金・就職支度資金・住宅資金・転宅資金・医療介護資金・技能習得資金・結婚資金・生活資金

相談・申請について

申請にあたっては、母子・父子自立支援員への事前相談が必要です。
詳細及び相談予約は、子ども家庭課までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

子ども生活部 子ども家庭課
電話番号:042-481-7093
ファクス番号:042-499-6101

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。