調布市ほっとするふるさとをはぐくむ街づくり条例(開発事業を行う方へ)

2019年2月21日 更新

次の1から7のいずれかに該当する開発事業を行おうとする方は、調布市ほっとするふるさとをはぐくむ街づくり条例(以下「条例」という。)の規定により、調布市開発事業指導要綱に基づく関係各課との事前協議、及び近隣住民への周知等の手続が必要となります。なお、最新の条例及び要綱等については、関係各課に直接ご確認ください。

届出の対象となる行為

  1. 開発区域の面積が500平方メートル以上の開発行為 (都市計画法第29条の開発許可を取得する場合)
  2. 15戸以上の共同住宅、長屋、寄宿舎、下宿、その他これらに類する建築物の建築
  3. 高さが10メートルを超える建築物の建築 (一戸建ての住宅を除く)
  4. 階数が地上4階建て以上の建築物の建築
  5. 延べ面積が1,500平方メートル以上の建築物の建築
  6. 建築基準法第42条第1項第5号の道路の位置の指定を伴うもの
  7. 周辺環境に著しい影響を与えるもの(葬祭場、パチンコ店、屋外スポーツ施設等)

大規模土地取引行為及び大規模開発事業の届出

大規模土地取引行為及び大規模開発事業を行おうとする方は、条例の規定により手続が必要となります。

旧甲州街道沿いは2メートルの壁面後退をお願いします

歩行空間を確保するため、旧甲州街道(鶴川街道から甲州街道分岐点まで)沿いの建築については、壁面2メートル後退を要望しております。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 都市計画課
電話番号:042-481-7442
ファクス番号:042-481-6800
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。