「市長のタウンミーティング」の開催

2007年2月5日 登録

「市長のタウンミーティング」の開催

調布市基本構想に掲げているまちの将来像「みんながつくる・笑顔輝くまち調布」の実現に向けて、現在、市では平成19(2007)年度から平成24(2012)年度までの6年間を計画期間とする「後期基本計画」をはじめ、市政の基本的指針となる計画の策定に取り組んでいます。
平成18年10月に「後期基本計画(素案)」「(仮称)第3次行財政改革アクションプラン(中間報告)」「公共施設見直し計画 第2次計画(素案)」を公表し、より多くの市民の皆さんのご意見・ご提案をいただくため、市長のタウンミーティングを開催しました(全6回・延べ67人参加)。

今年のタウンミーティングでの市長の写真

なお、「市長のタウンミーティング報告書(平成18年10月開催)」は、行政資料室(市役所4階)、文化会館たづくり(11階 みんなの広場)、子ども家庭支援センターすこやか、市民プラザあくろす、地域福祉センター等で配布しています。

概要

開催目的

 「後期基本計画」「行財政改革アクションプラン」「公共施設見直し計画 第2次計画」の策定に当たり、より多くの市民の方からのご意見・ご提案をいただきながら計画づくりを進めていくため、市長がその内容について市民の方に直接説明し、皆さんの理解を深めていただくとともに、市民の方と意見交換を行うことを目的に開催しました。

開催日程及び参加者数

タウンミーティングは、平成18年10月17日から11月2日までの間に6回開催し、参加者数は延べ67人でした。

開催日程及び参加者数

 

日時

会場

テーマ

参加者数

第1回

10月17日(火曜日)午後7時から9時まで

文化会館たづくり

「後期基本計画(素案)」

16人

第2回

10月19日(木曜日)
午後2時30分から4時30分まで

子ども家庭支援センターすこやか

「後期基本計画(素案)」

15人

第3回

10月22日(日曜日)
午後2時から4時まで 

市民プラザあくろす

「後期基本計画(素案)」

9人

第4回

10月29日(日曜日)
午後2時から4時まで

文化会館たづくり

「行財政改革アクションプラン(中間報告)」 「公共施設見直し計画 第2次計画(素案)」

17人 

第5回

10月31日(火曜日)
午後7時から9時まで

市民プラザあくろす

「行財政改革アクションプラン(中間報告)」 「公共施設見直し計画 第2次計画(素案)」

4人

第6回

11月 2日(木曜日)
午後7時から9時まで

文化会館たづくり

「行財政改革アクションプラン(中間報告)」 「公共施設見直し計画 第2次計画(素案)」

6人

 

 

 

 

計67人

「後期基本計画(素案)」(第1回から第3回)について

当日のプログラム

  1. 長友市長から計画内容について説明しました。
  2. グループワーク「後期基本計画における7つの重点的な取組について考えよう」
    参加者が少人数のグループに分かれて、後期基本計画における7つの重点的な取組について意見交換しました。
  3. グループの代表者から意見交換のまとめを発表しました。
  4. 長友市長との意見交換を行いました。
  5. 質疑応答

後期基本計画における7つの重点的な取組に対する参加者からの主なご意見

安全・安心のまちづくり

  • 市内全域の安全パトロールの充実は必要だと思う
  • 特に、学校周辺の安全対策は必要だと思う
  • 大規模災害に備えた危機管理体制の整備は必要だと思う

子ども・教育施策の充実

  • 保育園待機児童ゼロに向けて、さらに取り組んでほしい
  • 学童クラブの充実は必要だと思う
  • 市民全体が、子育てに興味を持てるような施策が必要

福祉・健康施策の充実

  • 実際に役に立つ生活支援見守りネットワークづくりをしてほしい
  • 身近な施設の利用などによる、スポーツを通した健康づくりが必要だと思う
  • バリアフリーのまちづくりの推進は必要だと思う

京王線連続立体交差事業と一体となった中心市街地の街づくり

  • 京王線連続立体交差事業を促進し、これを機に歩きやすいまちづくりを進めてほしい
  • 中心市街地の街づくりとあわせて、公共交通施策を将来的に考えることが必要
  • 中心市街地以外の市街地の整備も進めてほしい

自然環境の保全と資源循環型社会の形成

  • 国分寺崖線の積極的な保全は必要であり、早期に手立てを打つことが必要
  • ごみ減量や資源化に向けて、市民への呼びかけや事業者(製造元)の協力が必要

参加と協働のまちづくりの推進

  • 情報提供する場合には、周知の方法や資料のつくり方の工夫が必要
  • パブリックコメントを実施する際には、十分な情報提供が必要
  • 団塊世代の地域貢献活動への支援は必要だと思う

持続可能で、効果的・効率的な行財政運営の確立

  • 健全財政の維持は不可欠だと思う
  • 公共工事のコスト削減や社会保障の見直しなどを進めることが必要
  • 簡素で効率的な市役所づくりを進め、行財政運営のスピードアップを図る体制づくりを進めてほしい

「行財政改革アクションプラン(中間報告)」及び「公共施設見直し計画 第2次計画(素案)」(第4回から第6回)について

当日のプログラム

  1. 長友市長等から計画内容について説明しました。
  2. それぞれ各プランの項目ごとに参加者の方と意見交換をしました。

参加者からの主な意見

  1. 「行財政改革アクションプラン(中間報告)」について
  • 市民参加と協働の推進
    市民参加プログラムが市民参加手続のマニュアルとなっているが、拘束力を持たせることが必要だと思う
  • 情報の共有化
    市民への情報の伝達方法を工夫してほしい
    市民意見のデータベース化を行い、市民から意見があったものを公開していく必要があると思う
  • 人材の育成・活用
    職員のモチベーションを上げる取組が必要だと思う
    専門性を持った職員の採用と育成が必要だと思う
  • 市民の期待に応える組織・システムづくり
    職員定数の抑制を行うべきである
    職員給与の適正化を図るべきである
    窓口の時間延長について、職員の時差勤務の導入をすべきではないか
    民間委託の取組については、職員の業務管理が重要だと思う
  • 計画行政の推進
    行政評価については自己評価だけではなく外部評価の導入が必要だと思う
  • 健全な財政運営
    余分な投資をせず、歳出の削減を図る必要があると思う
  1. 「公共施設見直し計画 第2次計画(素案)」について
  • 図書館分館
    図書館分館にコミュニティのための場の設置を検討してほしい
  • 旧調布台市営住宅跡
     緑ある公園のような土地活用をしてほしい
    箱物を造るのではなく、緑の施設として活用してほしい
  • 個別施設以外の意見
    安全・安心のための道路整備
    市内施設配置の均衡化
    柴崎駅周辺の公共施設整備
    調布の独自性を持ったまちづくり
    公共施設についての市民からの意見を広く聴取してほしい
    公共施設の耐震化
    空き店舗など既存ストックの活用
    なお、詳細は、「市長のタウンミーティング報告書(平成18年10月開催)」をご覧ください。

「後期基本計画(素案)」
「調布市基本計画(平成13年度から平成18年度)取組成果」
「(仮称)第3次調布市行財政改革アクションプラン(素案)」
「公共施設見直し計画 第2次計画(素案)」
「公共施設見直し計画 第1次計画」

報告書

パソコンにより、ダウンロードに時間がかかります。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 政策企画課
電話番号:042-481-7368・7369
ファクス番号:042-485-0741

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。