施設などの利用補助・助成

2011年4月1日 更新

都立施設の利用料

身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、動物公園や水族園などの都立施設利用料が軽減されます。
手帳を窓口で提示してご入場ください。

窓口

各都立施設

東京都障害者休養ホーム事業

身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方とそのご家族(付き添いの方)に、契約保養施設に宿泊した際の利用料を一部助成しています(1人年2泊・ご家族などは1名様まで)。

障害がある方が利用しやすいような一定の設備が整っている施設の協力により、全国40施設で年間約3万人の方々が利用しています。

契約施設の一覧・利用申込書は窓口にて配布しています。お気軽にお声かけください。

助成額(1泊あたり上限)

  • 障害がある方(大人)6,490円
  • 障害がある方(小学生以下)5,770円
  • ご家族など3,250円

窓口

  • 障害福祉課 電話042-481-7089
  • 財団法人日本チャリティ協会
    郵便番号160-0003 新宿区本塩町1-7-7千陽ビル5階
    電話03-3353-5942 ファクス03-3359-7964

携帯電話基本使用などの割引

各電気通信事業会社では、障害がある方へ携帯電話基本使用料等の割引サービスを行っています。
詳しくはお使いの携帯電話取扱店へお問い合わせください。

NHK放送受信料の割引(平成20年10月1日改正)

身体障害者手帳・愛の手帳(療育手帳も含みます)・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、NHK放送受信料の一部または全部が免除になります。手帳、印かんをお持ちのうえ、窓口で申請してください。

NHK放送受信料の全額免除

身体障害者手帳・愛の手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方がいる世帯で、かつ、世帯全員が市民税非課税の場合

NHK放送受信料の半額免除

  • 視覚もしくは聴覚障害を理由とする身体障害者手帳をお持ちの方が(注1)世帯主である場合
  • 身体障害者手帳の身体障害程度等級が1級および2級の方が(注1)世帯主である場合
  • 愛の手帳の総合判定が1度及び2度の方が(注1)世帯主である場合
  • 精神障害者保健福祉手帳の障害等級が2級の方が(注1)世帯主である場合

(注1)いずれも世帯主が契約者である場合に限ります。

詳細は日本放送協会(NHK)ホームページ(リンク先)をご覧ください。 

問合せ NHK視聴者コールセンター 電話0570-077-077
窓口 障害福祉課 電話042-481-7089

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 障害福祉課
電話番号:042-481-7094・7089・7135
ファクス番号:042-481-4288

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。