武陽多麻郡浮岳山昌楽院深大寺縁起

2008年2月15日 更新

武陽多麻郡浮岳山昌楽院深大寺縁起の画像

市指定有形文化財(古文書) 昭和43年10月16日指定

深大寺は、天平5(733)年、満功上人(まんくうしょうにん)によって開創されたと伝えられています。寺には、その起源、沿革を伝える縁起が三巻あります。

漢文体の「真名縁起詞書(まなえんぎことばがき)」は、慶安3(1650)年、漢字・仮名まじり文の「仮名縁起」は、享保7(1722)年に成立。「深大寺縁起絵巻」は、仮名縁起とほぼ同じ頃に作られたと考えられ、大和絵系の画風で金泥・金砂子を使い、極彩色で描かれています。

深大寺への行き方

  • 京王線調布駅北口13番乗り場から吉祥寺駅または三鷹駅行きバスで深大寺入口下車、14番乗り場から吉祥寺駅行きで深大寺小学校前下車 
  • 京王線つつじヶ丘駅から深大寺行きバスで終点下車

住所

調布市深大寺元町5-15-1

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。