蓮慶寺の「日蓮聖人坐像」

2002年4月24日 登録

蓮慶寺「日蓮聖人坐像」の写真

蓮慶寺の「日蓮聖人坐像」

蓮慶寺の本尊。日蓮は、鎌倉時代の新興仏教の一つ、日蓮宗の開祖です。
日蓮宗の寺院には、このような日蓮が説法する姿の像が共通して見られます。

この像は、台座の天板裏に、本能坊日載が父母の供養のために作ったことが記されています。都内では、大田区池上本門寺、中央区日本橋身延別院のものに次いで、3番目に古い日蓮聖人坐像です。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。