深大寺の「毘沙門天立像」

2002年4月24日 登録

深大寺の「毘沙門天立像」の画像

深大寺の毘沙門天

毘沙門天は、帝釈天に仕える四天王のうちの多聞天(たもんてん)のことで、七福神の一つにもなっています。四天王は甲胄姿で足下に邪鬼を踏みつけ、仏教的世界の中心にそびえる須弥山(しゅみせん)の東西南北の四方にいて、仏法を守るとされています。

この毘沙門天は、もとは深大寺の支院の多聞院にありましたが、明治初年に多聞院が廃寺となったため、深大寺の釈迦堂に移されました。
市内では数少ない平安時代の彫刻として重要です。

深大寺への行き方

  • 京王線調布駅北口13番乗り場から吉祥寺駅または三鷹駅行きバスで深大寺入口下車、14番乗り場から吉祥寺駅行きで深大寺小学校前下車 
  • 京王線つつじヶ丘駅から深大寺行きバスで終点下車

住所

調布市深大寺元町5-15-1

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。