深大寺元三大師参詣の「道標」

2002年4月24日 登録

深大寺元三大師参詣の「道標」の写真

深大寺元三大師参詣の「道標」

深大寺の元三大師堂(がんざんだいしどう)にお参りに来る人たちのために、道しるべとして、元禄16(1703)年に常花講の人たちが建てたものです。 元三大師とは、天台座主(てんだいざす)の慈恵大師(じえだいし)のことで大師には悪魔調伏(じょうぶく)の力があると信じられていました。毎年3月3日・4日には、厄除け・諸願成就の護摩供養(ごまくよう)が行われています。この道標は、もとは仙川町2丁目の甲州街道沿いにありましたが、道路拡幅により、深大寺の境内に移されました。

深大寺への行き方

京王線調布駅北口13番乗り場から吉祥寺駅または三鷹駅行きバスで深大寺入口下車、14番乗り場から吉祥寺駅行きで深大寺小学校前下車 
京王線つつじヶ丘駅から深大寺行きバスで終点下車

住所

調布市深大寺元町5-15-1

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。