山野庚申(こうしん)塚の庚申塔

2002年4月24日 登録

山野庚申塚「庚申塔」三基の写真

概要

これらの庚申塔は、調布市内にある庚申塔の中でも代表的なものです。

庚申信仰は、60日ごとにやってくる干支(えと)の庚申(かのえさる)の夜に、人の体内から抜けだした虫が、天帝にその人の犯した罪を報告するので、寿命が縮まるといわれ、この夜は眠らずに身を慎しんで一夜を過ごすという風習がありました。

この庚申塚には三基の庚申塔があり、三基とも中央に悪疫を調伏する青面金剛(しょうめんこんごう)と、その使いの3匹の猿、上部には月と太陽を配しています。

種別、指定・登録年月日

市指定有形民俗文化財(民俗)、平成2年12月26日指定

所在地

調布市深大寺北町6-8-19 庚申塚児童遊園

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。