仙川一里塚跡

2002年4月24日 登録

仙川一里塚跡の写真

概要

甲州街道は、江戸幕府直轄の五街道の一つで、江戸の日本橋を起点に甲府を経て、信州の下諏訪宿で中仙道に合流します。幕府は、主な街道の両側に、一里ごとに塚を築き、塚の上には松や榎を植えて街道を整備しました。仙川の一里塚は、日本橋から五里目の塚で、地元の人は、今でもこのあたりを「塚」と呼んでいます。現在は跡地に標柱が建っています。

種別、指定・登録年月日

市指定旧跡、昭和46年2月10日指定

所在地

調布市仙川町3-2-1

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。