シロハナヤブツバキ

2012年9月24日 登録

シロハナヤブツバキの写真

概要

ヤブツバキの白花種をシロハナヤブツバキと呼び、自然状態ではまれに見られるもので鑑賞用として庭園などで栽培されます。

このツバキは、樹齢約700年と推定されています。かつては、五幹に分かれ、高さは約5メートル、東西7メートル、南北8メートルにわたって茂っていました。平成2年に樹勢が衰えたため、回復に努めましたが、現在残っているのは、枝分れの一本とひこばえです。平成23年にも樹勢回復作業を行っています。

木の根元には享保二十年(1735)造立の地蔵尊が一体安置され、「ツバキ地蔵」と呼ばれており、地元の人たちに親しまれています。

種別、指定・登録年月日

 市指定天然記念物(植物)、昭和41年4月1日指定

所在地

調布市布田6-41-16

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。