山野の禅寺丸(ぜんじまる)古木

2002年4月24日 登録

山野の「禅寺丸古木」の写真

概要

禅寺丸は、柿の一品種で、川崎市王禅寺の等海上人が鎌倉時代に発見し、栽培を奨励したのが始まりといわれます。王禅寺の王がいつのまにか略され、実の形をあらわす「丸」がついて、「禅寺丸」という名になりました。
この古木は、目通り(目の高さ)の幹の太さが2メートル余りで、地上3.1メートルのところから4本に分かれ、枝は東西南北に大きく広がり、今も樹勢はさかんで、秋には多くの実がなります。

種別、指定・登録年月日

市指定天然記念物(植物)、昭和54年11月1日

所在地

深大寺北町(個人宅)

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。