絵堂の「ヒイラギ」一対

2002年4月24日 登録

絵堂の「ヒイラギ」一対の写真

絵堂の「ヒイラギ」一対

ヒイラギは、屋敷木として、家を新築した時に植えるものとされてきました。ヒイラギを屋敷に植えるのは、尖った葉先を魔除けとする昔からの風習があるからです。また、節分には、マメガラ(大豆の枯枝)に刺したメザシとヒイラギの葉を、母屋・蔵・納屋など、屋敷内の建物の入口に付けて、害虫駆除のまじないとしました。
このヒイラギは厄よけとして家のジョウグチ(間口)に二本植えられています。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。