光岳寺(こうがくじ)

2002年4月24日 登録

光岳寺の写真

概要

昭和9年小石川(文京区)から飛田給に移り、その後、調布飛行場拡張のため昭和19年現在地に移った寺です。

徳川家康の母堂、於大の方の法名から名づけた旗本寺で、当寺の墓地には、於大の方の五輪塔があります。

境内には、江戸時代の俳人・大島蓼太の句碑「夏痩(なつやせ)の我骨さぐる寝覚かな 蓼太」が建つ。この碑は蓼太の弟子班石と当時の住職遠誉上人が協力して安永10(1781)年に建立。並ぶ昭和11年の碑は、旧地から移る際の経過を記しています。
境内には太田道灌稲荷を祀っています。

所在地

 調布市富士見町1-36-1

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。