蓮慶寺

2002年4月24日 登録

蓮慶寺の写真

蓮慶寺

もと真言宗の寺でしたが、天文元(1532)年に小田原北条氏の重臣、中条出羽守が布田の領主となり、旧院を再建、池上本門寺第十ニ祖日惺上人を開山として日蓮宗に改宗。北条氏から寺田を寄進され、さらに慶安3(1650)年に徳川家光が家康の永代回向料として寺領十石九斗を寄進、御朱印寺となりました。
今も両公の位牌や開山上人の曼茶羅、室町時代の日蓮上人坐像(市指定文化財)などを安置します。

また、新たに建造物「本堂」と「板碑二基」が市指定文化財となりました。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。