圓福寺(えんぷくじ)

2002年4月24日 登録

圓福寺の写真

概要

この寺は、もと鎌倉の切通しにありましたが鎌倉幕府滅亡後、現地に近い多摩川の崖上に移り、さらに今の境内に移転したと伝えられています。

開山は関山和尚といい北条泰時の弟で開寿丸といった人で永仁3(1295)年6月没しています。中興の祖は武田信玄(法性院機山居士)、中興二代の貽玄(ちげん)は、武田の遺臣で、その時に現在地に移りました。

明治23年焼失。現本堂は、明治百年を記念して建築され、境内門近くには記念碑が建っています。その前には地蔵尊、六地蔵尊が安置されています。

所在地

調布市国領1-10-2

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。