八剣(やつるぎ)神社

2002年4月24日 登録

画像 八剣神社

概要

旧大町村の鎮守社です。鎌倉幕府の家臣が建武年間(1334から38)に原野を開き一村を形成、村民がその功績を称え8名の佩刀(はいとう)を神宝として産土神に奉祀したので八剣神社というと伝えられます。右相殿の素盞鳴大神(すさのおのおおかみ)は創建時の祭神と伝えられます。左相殿の伊奈半左衛門は文政年間(1818から30)の当村の代官で村人の困窮を、救済した功績を顕彰して氏子中が配祀し現在でも祭儀を行っています。御神体は十一面観音像で江戸後期の作、仏像の御神体は現在では珍しいものです。

所在地

調布市菊野台3-42-1

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。