祇園寺(ぎおんじ)

2017年2月9日 更新

祇園寺の写真

祇園寺について

深大寺の満功上によって天平年間(729から49)に開山されたといわれる古い寺です。

境内には、野川近くから昔移された伝えられる薬師堂には平安時代後期の本尊・薬師如来像、菩薩像、室町時代の仏像などが安置されています。
薬師堂は、江戸時代の享保年間(1716から36)の建築と推定されています。
また、もうひとつのお堂の閻魔堂は江戸時代後期の建物です。

自由民権運動との関わり

明治40年、中西悟堂(なかにしごどう)の父である中西悟玄(なかにしごげん)が住職となり、翌明治41年、自由民権運動家の慰霊祭を当寺で挙行しました。
境内には板垣退助が植えたと伝えられる「自由の松」があります。

中西悟堂とは

金沢市生まれの野鳥研究家、歌人。
日本野鳥の会を創立し、自然保護に尽力した人物です。

 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。