稲荷神社(柴崎)

2002年4月24日 登録

稲荷神社(柴崎)の写真

稲荷神社(柴崎)

創建は不詳ですが、古くは天満宮山王稲荷の合社といわれ、当地にあった修験の三界寺の所有でしたが、後に廃寺となり、本尊は光照寺に移され、その跡に本殿が建てられました。

明治39年の明細帳によると、小田原北条氏や江戸期の地頭佐橋氏から、社地の保護を受けたことが記されています。境内には、田島稲荷、三峰、疱瘡神の3末社のほか、三夜塔、庚申塔、富士講碑があります。

特殊神事の「大喰講」が江戸中期から昭和30年代まで続きました。2月初午に五殻豊穰を祈願して高盛の飯を食べあう行事です。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。