昌翁寺(しょうおうじ)

2002年4月24日 登録

昌翁寺の写真

概要

仙川領主の飯高主水貞政が快要法印を師と仰ぎ、当寺を建立して菩提寺としました。
貞政は、もと今川義元の家臣でしたが徳川家康に帰属し、戦功により旗本となり下仙川村の領地を与えられました。明治12年3月の仙川の大災で、古記録や什器類を焼失。本堂は大正13年に再建されました。いまの本堂は昭和60年新築です。
近年境内で8の日に植木市がたちました。地元農家が栽培した植木の交換会で、その市を記念した石碑(昭和39)が建ちます。門前には元禄時代の庚申塔2基と宝暦の廻国塔が並びます。

所在地

調布市仙川町3-7-1

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。