日常生活用具の給付とレンタル

2016年4月1日 更新

日常生活用具の給付とレンタルについて

生活上の利便を図るために、次のような用具をレンタル又は給付します。また、所得に応じて1割の費用負担があります。

内容

  1. 介護保険制度の要介護又は要支援の認定を受けられた方
    「給付」 防水シーツ
  2. 介護保険制度で非該当(自立)と認定された方
    「給付」 スロープ、入浴補助用具、歩行支援用具、腰掛便座
  3. 歩行困難な方
    「給付」 T字杖(無料)、シルバーカー
  4. 介護保険制度で貸与が受けられない方
    「レンタル」 特殊寝台(1モーター)、マットレス

詳しくは、お問い合わせください。

対象者

65歳以上で、用具の種類に応じて利用対象者が定められています。

手続

前年の所得状況がわかる書類

窓口

各地域包括支援センター

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 高齢者支援室 高齢福祉担当
電話番号:042-481-7149・7150・7351
ファクス番号:042-481-4288

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。