外国籍児童・生徒の就学

2016年7月7日 更新

学校のイラスト

外国籍の子どもは就学の義務はありませんが、子どもの住民票が調布市にあり、調布市立小・中学校への入学を希望する場合は入学することができます。

日本の義務教育について

日本の義務教育期間は、小学校6年(満6歳から12歳)、中学校3年(満12歳から15歳)の9年間です。

  • お住まいの住所によって、入学する学校が決まります。
  • お子様の年齢により学年が決まります。

入学の手続きについて

市立小・中学校に、お子様の入学を希望する場合、学務課へ事前連絡のうえ、記載のとおり申請をしてください。

  1. 以前に通っていた学校がある場合は、申請時に次のものをお持ちください。
  • 日本の学校に通っていた場合 「在学証明書」、「教科用図書給与証明書」 
  • それ以外の学校に通っていた場合 「その学校に在籍していたことを証明する書類 」
  1. 学務課での手続き後に、調布市の転校先学校で手続きを行います。

(注)学務課で手続きの際は、日本語のわかる方と一緒にご来庁ください。

費用について

授業料と教科書代は無料です。給食費やその他教材費などは負担していただきます。
(経済的な理由で給食費や学用品費の支払いが困難な場合は、援助を受けられる場合があります。)

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 学務課
電話番号:042-481-7473~6
ファクス番号:042-481-7739

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。