調布市はFC東京を応援しています

2016年3月8日 更新

調布市は、基本計画の中で「FC東京とのパートナーシップによるスポーツ振興等の推進」を掲げ、味の素スタジアム(調布市西町)をホームスタジアムとしているFC東京を、平成11年から応援しています。

FC東京が市内で行っている活動は、小学校へのキャラバン隊(巡回指導)、サッカークリニックなどの教室や、地域での各種イベントへの参加・協力などです。それらを通じて、スポーツ及び文化振興の面で多くの地域貢献をいただいているほか、スポーツまつりを始めとした市の主催事業にも多くの協力をいただくなど、子どもにとってはプロの技術を間近で見ることができ、また大人にとってはわが町のチームという親近感が生まれるなど、私たちに多くの夢と希望を与えてくれています。

FC東京マスコットドロンパの画像

調布市としては、庁舎壁面にFC東京を応援する懸垂幕や横断幕の掲出や、市内街路灯へのバナーフラッグの掲出、調布駅北口への応援看板の設置(現在は撤去)、飛田給駅北口換気塔のFC東京カラーへの装飾など、積極的にFC東京を応援しています。

調布市では、今後も一層の地域スポーツの振興と地域社会の活性化へ向けて、FC東京と一体となり「FC東京を応援するまち調布」として全国に発信していきます。

調布市とFC東京のあゆみ

  • 平成5年6月 調布市議会定例会で「プロサッカーチーム誘致に関する決議」が全会一致で決定され、調布市でのプロサッカーチームの誘致活動が本格的にスタート
  • 平成11年 FC東京発足。Jリーグに加盟
  • 平成11年1月 調布市、FC東京に出資
  • 平成12年 FC東京、J1昇格
  • 平成13年3月 東京スタジアム(現・味の素スタジアム)オープン。FC東京のホームスタジアムとなる
  • 平成16年11月3日 FC東京、ヤマザキナビスコカップ初制覇。後日、優勝カップを市役所に展示
  • 平成17年度から FC東京担当者と市関連各課等が集まり、現状の確認や新たな連携の可能性などを検討する情報交換会を開始(年間4から5回開催。平成22年度で30回を超え、現在も継続中)
  • 平成21年11月3日 FC東京、2度目のヤマザキナビスコカップ制覇。後日、優勝カップを市役所に展示
  • 平成22年12月4日 FC東京、初のJ2降格決定 長友市長が「調布市は今まで以上いや、それ以上に支援・応援し、1年でJ1へ昇格できるようにバックアップしていく」と発言
  • 平成23年11月19日 FC東京、1年でJ1復帰決定
  • 平成24年1月1日 FC東京、天皇杯制覇。後日、天皇杯優勝カップを市役所に展示

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 スポーツ振興課
電話番号:042-481-7496~8
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。