せん定枝の資源化及び処分方法

2015年5月1日 更新

せん定した枝木の処分方法

庭の枝木で、せん定したものは、長さ40cm以内、太さ8cm以内に切り、燃やせるごみの日に出すことができます。ごみとして出す場合は燃やせるごみの指定収集袋に入れて少しずつ(3束程度)出して下さい。

せん定した枝木の資源化方法(せん定枝資源化支援事業)

ごみ減量・リサイクル推進の一環として、特殊車両でご自宅に伺い、せん定された枝木を無料でチップ化いたします。堆肥や雑草防止にご活用ください。用途に応じて「1次破砕」か「2次破砕」をお選びいただけます。

申込みから作業終了までの手順

  1. 電話でお申込みの際に、訪問日時を決めます。
  2. 当日は、チッパー車で伺い、その場でせん定枝をチップ化します。
  3. 破砕をした枝木(チップ)をお渡しして、作業終了となります。
  •  ≪破砕開始≫
    枝の破砕中の写真
  • ≪破砕中≫
    破砕された枝の排出中の写真
     
  •  ≪一次破砕後≫
    一次破砕の見本の写真
     
  • ≪二次破砕後≫
    二次破砕の見本の写真

(注) 用途に応じて、1次破砕か2次破砕かをお選びいただけます。

対象となる樹木

せん定された枝木で、幹の太さが8cm以内、長さが1m以内の枝木。ただし、次の樹木はチップ化できません。

  1. チップ化に適さない樹木:竹・笹・シュロ・腐食した樹木
  2. 安全作業に支障のある樹木:バラ・ウルシ・キョウチクトウ・アセビ
  3. 特殊車両の故障の原因となる油分の多い樹木:松・イチョウ
  4. 生け垣や木材など、加工された樹木

作業について

  • 平日・祝日(土曜日、日曜日、12月29日から1月3日までを除く。)の日中に伺い作業します。ご希望の日時をお申込時にお伝えください。
  • 1回当たりの作業量は、1次破砕で300kg以内、2次破砕で150kg以内です。
  • できるだけ向きをそろえて、直径30cm程度の束にしておいてください。
  • 作業時間の目安は、直径30cm束を3束、2次破砕とした場合、約15分です。

注意事項

  • 土、石、虫などが混入しているときは作業をお断りすることがあります。
  • チップは全量を引き渡します。
  • チップ化しても量は少なくなりません。
  • 落ち葉、草花、木の根(土を取り除いたもの)、木材などは、40cm以下の長さにして「燃やせるごみ」にお出しください。

申込方法

電話でお申込みください。

電話番号042-481-7686

受付時間:平日(月曜日から金曜日まで)の8時30分から午後5時15分まで

(注)せん定枝の量・樹種・作業場所(車両の駐車スペース)の有無をお聞きしますので、事前にご確認をお願いします。

このページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

環境部 ごみ対策課 業務係
電話番号:042-481-7686
ファクス番号:042-481-9039

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。