調布基地跡地留保地利用計画を策定

2014年1月27日 更新

案内図の画像

調布基地跡地留保地利用計画 

在日米軍から返還された大口返還財産である留保地は、調布市の西部、調布基地跡地内の味の素スタジアム東側に位置しています。
国有地である留保地については、平成15年度の財務省通達により、従来の「原則留保、例外公用・公共用利用」の基本的な考え方が、「原則利用、計画的有効活用」に転換され、平成20年度までに利用計画を策定することとされています。
調布市では、平成16年度に基礎的事項の調査を実施し、平成17年度に利用計画(素案)を経て、平成18年度に市民説明会やパブリック・コメントなどの市民参加による検討を行い、利用計画(案)を作成しました。
そして、平成19年度は、全市的なスポーツ施設の再配置の検討や、調布市地域防災計画の修正の中で、未決定であったスポーツ施設や地域防災計画での位置付けを検討し、その結果を踏まえ、留保地利用計画を策定しました。
 この「調布基地跡地留保地利用計画」は、行政経営部政策企画課(市役所5階)・公文書資料室(市役所4階)で閲覧できます。

利用概要図の画像

利用計画の主な内容

安全安心なまちづくりに資する活用、娯楽レクリエーションの拠点化、周辺の緑のネットワーク形成に資する活用を図るため、今後、公園として都市計画決定したうえで、調布市が取得、整備して「防災、スポーツレクリエーション機能を有する公園」として活用を目指します。

利用概要図(ゾーニング)

この計画では、留保地に整備するスポーツ施設、多目的広場、自由広場、遊歩道などの役割や配置を示しています。

  • 北部(スポーツ施設)
    サッカー場、多目的コート、テニスコート
  • 南西部(自由広場)
    既存樹木等を活用した自由広場、駐輪場
  • 中央部(多目的広場)
    多目的広場、駐車場、管理棟
  • 回遊性の創造
    遊歩道、園路、エントランス広場
  • 非常時における土地利用
    地域防災計画における位置付けを踏まえ、例えば、避難者及び帰宅困難者の一時滞留、救援物資の集積などに活用しやすい施設配置等について、施設設計を進めていく中で、引き続き、検討していきます。

 今後のスケジュール(施設整備等)

今後は、平成25年度以降の用地取得及び整備開始に向けて、引き続き、国との調整を図りながら、基本設計や都市計画手続きに着手する予定です。

スポーツ施設再配置計画の改訂(平成24年4月)について

上記利用概要図(ゾーニング)のうち、北部のスポーツ施設については、調布市スポーツ施設再配置計画(平成20年3月)に基づき、当該留保地に配置するスポーツ施設を硬式野球場、テニスコートと位置付けていましたが、スポーツ施設再配置計画が改訂(平成24年4月)され、留保地に配置するスポーツ施設はサッカー場、多目的コート、テニスコートに変更となっています。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 政策企画課
電話番号:042-481-7368・7369
ファクス番号:042-485-0741
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。