不発弾撤去の陸上自衛隊に市長が感謝状贈呈

2008年6月19日 登録

 長友市長から片山隊長に感謝状が手渡されている写真  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月19日、長友市長は、5月18日に国領町で発見された不発弾を撤去した陸上自衛隊東部方面後方支援隊(東京都練馬区)を訪れ、感謝状を贈呈しました。
不発弾撤去の処理にあたった第102不発弾処理隊の片山博雅隊長は「無事、不発弾を処理して地元の人を安心させることが出来てよかったです。将来の子どもたちに負の遺産を残すわけにはいきません」と話してくれました。
また、長友市長は「36分という短時間で処理してくれた自衛隊の技術は素晴らしいものでした。また、市民の方の協力にも感謝したいです」と述べました。

このページに関するお問い合わせ

行政経営部 広報課
電話番号:042-481-7301・7302
ファクス番号:042-489-6411

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。