工事請負契約における単品スライド条項の適用方法及び運用についての取り扱い

2008年12月3日 更新

工事請負契約における単品スライド条項の適用方法及び運用についての取り扱い

建設資材の価格急騰を踏まえ、平成20年11月14日付けで、工事請負契約約款第25条第5項(単品スライド条項)について、適用することといたしましたが、その概要及び運用についての取り扱いを決定いたしましたので、お知らせいたします。

対象品目

鋼材類及び燃料油並びにその他の資材

適用日

平成20年11月1日

対象契約

工事請負契約(単価契約を除く。)のうち、適用日時点で継続中のもの及び適用日以降に契約を締結するもの。

契約変更の条件

資材価格の変動額(注1)が、基準額(注2)を超えた場合
(注1)鋼材類及び燃料油、その他資材の品目のそれぞれの変動額
(注2)対象工事契約金額の1%

契約変更時期等

原則として工期末日の2か月前まで(「取扱」附則による特例あり)に申請を受け、工期末に契約変更を実施

受注者負担

対象工事契約金額の0.5%相当額

相談窓口

  1. 制度全般について
    総務部契約課(工事契約担当)
  2. 個別の工事案件について
     対象工事担当課の監督員

このページに関するお問い合わせ

総務部 契約課
電話番号:042-481-7166~8
ファクス番号:042-481-7136

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。