妊娠したら

2017年1月5日 更新

妊娠届・母子健康手帳・ゆりかご面接・妊婦健康診査

医師または助産師の診断を受けた方は、早めに「妊娠届出書」を提出し「母子健康手帳」を受け取りましょう。

妊娠届出書を出された方には「母と子の保健バッグ」(妊婦健康診査受診票入り)や子育て支援情報誌をお渡しするほか、平成28年9月1日から「ゆりかご調布」事業を実施しています。

母子感染について

細菌やウイルスなどがお母さんから赤ちゃんに感染することを「母子感染」と言います。妊娠中やこれから妊娠を考えている方は感染症がどの様なものかを知り、感染予防に努めましょう。

詳細ページをご覧ください。
母子感染について 妊娠中・これから妊娠を考えている方へ(東京都福祉保健局)(外部リンク)

もうすぐママ・パパ教室

初めて出産を迎える妊娠16週から27週の方を対象に出産準備のための無料講座「もうすぐママ・パパ教室」を実施しています

  • 会場 保健センター、子ども家庭支援センターすこやか
  • 詳細ページ
    もうすぐママ・パパ教室
  • 問い合わせ 健康推進課(文化会館たづくり西館 保健センター4階)
    電話番号 042-441-6081 ファクス番号 042-441-6101

妊婦訪問指導

高年または若年の初産の方を中心に保健師や助産師が家庭を訪問し、必要な保健指導を行ないます。初産でない方もご希望に応じて訪問します。

  • 問い合わせ 健康推進課(文化会館たづくり西館4階)
    電話番号 042-441-6081 ファクス番号 042-441-6101

産前・産後支援ヘルパー事業(通称ベイビーすこやか)

産前・産後において精神的・肉体的に負担の大きい子育て家庭で、家事・育児の手伝いを希望される方にヘルパーの派遣をする事業です。派遣にあたり、子ども家庭支援センターすこやかの職員がコーディネーターとしてご家庭を訪問します。

出産費貸付制度・出産育児一時金受領委任払制度など(国民健康保険加入者)

出産費貸付制度

出産予定日まで1ヶ月以内(または、妊娠4ヶ月以上で早産などにより、急な入院が必要になった場合)で、出産育児一時金の支給を受けることが見込まれる世帯主の方へ、出産育児一時金の8割を限度に無利子で貸付けを行う制度です。

入院助産制度

入院出産を希望される方で、費用の支払に困っている場合、その費用について援助する制度です。ただし、所得制限があります。

  • 詳細ページ
    入院助産
  • 問い合わせ 子ども家庭課(市役所3階)
    電話番号 042-481-7093  ファクス番号 042-499-6101

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。