保育園入園の要件

2015年4月10日 更新

保育園入園の要件

保育園に入園できる児童は、保護者が次のいずれかの状況にある場合です。
集団生活を経験させたいなどの理由だけでは該当しません。 

  1. 居宅外労働
    児童の保護者が家庭の外で仕事をすることを常態としており、その児童の保育ができない場合
    (注)育児休業中の方については、入園後1か月以内に復職することを前提として、お申し込みが可能です 
  2. 居宅内労働
    児童の保護者が家庭で児童と離れて日常の家事以外の仕事をすることを常態としており、その児童の保育ができない場合 
  3. 親のいない家庭
    死亡、行方不明、拘禁などの理由により親がいない家庭の場合 
  4. 母親の出産、保護者の疾病等
    児童の母親が出産の前後、または保護者が病気、負傷、心身に障害があるなどで、その児童の保育ができない場合
    (注)出産の前後の入園期間は出産予定月及びその前後各2か月の最長5か月以内 
  5. 病人の看護等
    その児童の家庭に長期にわたる病人や、心身に障害のある人がいるため、保護者が日常の看護にあたっており、その児童の保育ができない場合 
  6. 家庭の災害
    火災、風水害、地震などで、その家屋を失ったり、破損したため、その復旧の間に児童の保育ができない場合 
  7. その他
    保護者が求職活動中の場合
    保護者が通学中の場合
    (注)求職活動中の方は、児童の入園後3か月以内に就労していただき、勤務したことがわかる書類(勤務状況証明書など)を2週間以内に提出する必要があります
    (注2)通学中の場合は、通学していることの証明(在学証明書)が必要です

このページに関するお問い合わせ

子ども生活部 保育課
電話番号:042-481-7132から7134・7758
ファクス番号:042-499-6101
このページに関するアンケート

このページの内容が分かりやすかったかどうかを回答するフォーム

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページが見つけやすかったかどうかを回答するフォーム

このページは見つけやすかったですか?

このページにどのようにたどり着いたかを回答するフォーム

このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。