国際・全国スポーツ大会出場報奨金

2017年11月13日 更新

個人やスポーツクラブ等が国際大会や全国大会に出場した際に報奨金を交付します。
平成28年度まで行っていた全国大会等出場補助金に代わり、平成29年度から新しい制度になりました。
国際大会の区分を設けた他、申請できる期間を大幅に拡大する等、より活用しやすい制度となりました。

国際・全国スポーツ大会出場報奨金

交付対象

市内に所在するスポーツクラブ又はチームの他、市内に在住・在勤・在学している個人が、予選会若しくは記録会を経て選抜、または厳正かつ明確な基準による推薦を受けて大会に出場した場合が対象となります。

対象とならない場合

  1. 企業が単独で出場する実業団大会及び冠大会へ出場する場合
  2. 他団体等による同種の報奨金等を受けている場合
  3. 同一年度内に既に本報奨金を受けている場合
  4. 大会出場の過程において、市長が適当と認める予選会や記録会、推薦等を経ていない場合

交付額

  • クラブ等
    全国大会 1人あたり1万円(ただし、1申請につき5万円を上限とする)
    国際大会 1人あたり5万円(ただし、1申請につき25万円を上限とする) 
  • 個人
    全国大会 1万円
    国際大会 5万円

申請方法

  • 本報奨金の申請者は、個人の場合は大会出場者本人、クラブ等の団体の場合は団体代表者です。(個人の申請に係る書類は、年齢にかかわらず、大会出場者本人の名前を記載してください。 )
  • 申請書類等は申請者が直筆で記入したものを、大会実施日の30日前から大会終了90日後までにスポーツ振興課へ申請してください。 なお、申請書類の記入はボールペンまたはサインペンを使用してください。(消せるボールポンや鉛筆は使用しないでください)
  • 申請内容を確認する場合があるため、申請書に記入する連絡先電話番号は、日中に連絡の取れる電話番号を記入してください。

申請に必要な書類

  1. 報奨金交付申請書(第1号様式)
  2. 出場する大会の開催要綱(パンフレット等)
  3. 団体の場合には出場者名簿
  4. 出場資格又は予選結果のわかる書類等(国際大会や全国大会出場までの過程がわかる書類や大会開催要項など)
  5. その他の必要書類 (申請者の氏名・住所・生年月日の確認のできる運転免許証や健康保険証の写し等)
  6. 調布市外に住んでいる方が、市内在勤者・在学者として申請する場合には、申請者の氏名・住所・生年月日が確認できる書類の他に、在勤又は在学証明を証明できるものを併せて提出してください。(写真と会社名・会社所在地等が記載された社員証の写しや在勤または在学証明書など)

(注)申請方法や添付書類など、不明な点がありましたら、事前に担当課までお問い合わせください。
一連の申請に使用する印鑑は、朱肉を使用する同一の印鑑を使用してください。
記入書類の訂正は、二重線の見え消しと申請印鑑で行ってください。(修正ペンなどは使用しないでください) 
各書類に記載する住所は省略等をせず、全て同一にしてください。
書類の修正を要する場合があるため、持参により申請する場合は出来るだけ印鑑をお持ちくださいますようお願いします。

申請後の手続きについて

  1. 全ての書類等が整った時点で、交付について審査を行い、審査結果(交付決定通知書または不交付決定通知書)を、郵送で送付します。
  2. 交付決定通知書を受領後に、請求書を御提出ください。
    (注)請求書は交付決定後に提出いただく書類ですが、申請時に併せて御準備いただくことも可能です。ただし、事前準備の場合は、請求書の請求日付は空白としてください。
  3. 報奨金は口座振込です。振込先は原則として交付申請者名義の口座となります。
    ただし、個人の申請で交付申請者が未成年の場合などにおいて、保護者名義口座への振込を希望する場合は、所定の委任状も併せて提出してください。
    なお、クラブ等の団体が申請する場合は、振込先口座はそのスポーツクラブやチーム名義の口座に限ります。不明な点がありましたら、事前に御確認ください。
  4. 大会結果の報告について、実績報告書を御提出いただきますよう御協力をお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 スポーツ振興課
電話番号:042-481-7496~8
ファクス番号:042-481-6881

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。