調布市消防団長が藍綬褒章を受章

2010年5月25日 登録

調布市消防団長が藍綬褒章を受章

平成22年5月14日「春の褒章」の伝達式が実施され、恩田哲男(おんた てつお)消防団長が藍綬褒章を受章されました。

恩田団長は、約30年にわたり消防団活動に精励され、現在も消防団長として各方面でご活躍されています。このたび、消防活動における長年の功労が賞され、4月29日付けで藍綬褒章を受章されました。また、5月14日には伝達式に列席したのち、ご夫人と共に皇居にて天皇陛下に拝謁されました。

市長に受章報告する団長とご夫人の写真藍綬褒章。銀のメダルに藍色のリボンが付されている。

国璽の押された表彰状(下部には藍綬褒章を模した図画が配されている)の写真 

消防団マメ知識  

藍綬褒章

国家の栄典(表彰)の一つであり、消防団長として多年にわたり消防の発展に努め、その功労が顕著であり、他の模範と認められる者に授与される。

消防団長

消防団の最高階級。調布市消防団は304名にて構成されており、この全部を指揮・統率しているのが消防団長である。

このページに関するお問い合わせ

総務部 総合防災安全課
電話番号:042-481-7346~8
ファクス番号:042-481-7255

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。