調布駅駅前広場計画の整備構想案(二次)

2010年6月29日 更新

調布駅駅前広場計画の整備構想案(二次)

これまでの経過

市では、平成12年3月に市民参加により策定した「中心市街地街づくり総合計画」において駅前広場の「基本的考え方」のイメージを示しました。このイメージを基に、駅前広場のゆとり空間をより創出するため、駅前広場研究(構成/学識経験者、関係行政機関、地元商業者など)に「連続立体交差による魅力的な駅前広場の創出」に関する検討をお願いしました。
研究会では、平成14・15年度において調布・布田・国領の3駅を対象に鉄道が地下化された後の駅前広場のあり方についての検討、整備構想案を作成し、平成16年3月に市に報告しました(市報平成16年5月5日号掲載)。

整備構想案(二次)

平成16年度に地下空間の利用など課題が多い調布駅駅前広場計画について、専門的な見地から、学識経験者の意見を伺うと共に関係行政機関と個別に協議の機会を設け、市民からの意見や計画条件の変更を反映させた整備構想案(二次)を作成しました。

整備構想案についての主な問題点(課題)

  1. バスターミナル周辺の歩行区間が狭い
  2. 駅から北西方向への歩行者の動線がバスターミナルにより分断され危険である
  3. 市役所前通りからバスロータリーへバスが出入りする時に渋滞が発生する

今後について

整備構想案(二次)を市の整備方針として、今後は、東京都・京王電鉄株式会社及び関係機関と整備手法などについて調整を図るなど、整備構想案(二次)の実現に向け取り組んでいきます。
なお、布田駅・国領駅の駅前広場については、駅前広場については、駅前広場研究会より報告を受けた整備構想案を基に、今後も皆さんからのご意見を参考にしながら、整備方針を検診していきます。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 街づくり事業課 事業計画係
電話番号:042-481-7587
ファクス番号:042-481-6800

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。