第3回鉄道敷地利用に向けての地元勉強会が開催

2010年11月5日 更新

勉強会及びアンケート対象地区の画像

勉強会及びアンケート対象地区

対象者

鉄道地下化沿線のおおむね上図の区域の土地建物所有者、居住者

日程・平成18年11月

  1. 6日(月曜日)午後6時から 調布市文化会館たづくり1002会議室 1名
  2. 7日(火曜日)午後6時から 調布市文化会館たづくり 601・602 2名
  3. 8日(水曜日)午後6時から 調布市文化会館たづくり研修室 20名
  4. 9日(木曜日)午後6時から 調布市文化会館たづくり研修室 6名
  5. 10日(金曜日)午後6時から 調布市文化会館たづくり 研修室 10名
  6. 13日(月曜日)午後6時から 調布市市民プラザあくろすホール 15名
  7. 14日(火曜日)午後6時から 調布市市民プラザあくろすホール 10名

内容

第2回地元勉強会の総括

第2回勉強会でご説明した主な内容を簡単にご説明しました。 

  1. 駅前広場計画の紹介
  2. 鉄道敷地利用に関するアンケート調査」の結果報告

第1回地元勉強会の総括

第1回勉強会でご説明した主な内容を簡単にご説明しました。 

  1. 駅前広場の計画案について
  2. 鉄道敷地上部利用と沿線の街づくりについて

アンケート結果からみる課題の整理

「鉄道敷地利用に関するアンケート調査」の結果から見えてきた6つの課題についてご説明しました。

  • 課題1 道路整備による歩行者等の安全性の向上
  • 課題2 駐車・駐輪場の整備による駅周辺の利便性向上
  • 課題3 公園や広場の整備
  • 課題4 駅に出かける、憩い、健康づくりなど多様なニーズにこたえる遊歩道づくり
  • 課題5 地区特性に応じた鉄道敷地と一体的な沿線街づくり
  • 課題6 住民参加による管理運営方策の検討

第3回地元勉強会では、記載の6つの課題のうちの1から4について意見交換を行いました。各ブロックにご参加いただいた皆様から、記載のようなご意見を頂きました。

ブロック1

  • 市内には桜並木があまりないため、遊歩道を桜並木にできると良い。
  • 緑道では、アコスティックギターの演奏ができるなど若者が利用できる空間としたい。

ブロック2

  • これをきっかけに街を歩いてもらうような戦略も必要ではないか。
  • 駐輪場はしっかり整備した方が良いと思う。

ブロック3

  • 遊歩道は連続的に歩行者が歩けるようにしてほしい。
  • 調布駅周辺はハンプを設けるなど車を通りにくくし、歩行者や自転車を中心とするのが良い。

ブロック4

  • 子ども向けアンケートを実施していたと思うが、その結果を教えてほしい。
  • 市民農園や管理された公園が良い。

ブロック5

  • 自転車と歩行者が接触することが想像されるので、歩行者と自転車とで道を分けてほしい。
  • 商業利用者に維持管理を負担してもらうことはできないか。

ブロック6

  • 街を回遊してもらうためには、新撰組など地域の観光資源を展示するなど、魅力的なポイントを点在させる必要があるのではないか。
  • 遊歩道を整備しても、沿道に店舗などが無ければ、人は歩かないのではないか。

ブロック7

  • 野川まで遊歩道での連続性を確保してほしい。
  • 遊歩道利用については管理体制が重要である。

第3回地元勉強会資料は、ダウンロードからご覧いただけます

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 街づくり事業課 事業計画係
電話番号:042-481-7587
ファクス番号:042-481-6800

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。