東京都特定不妊治療費助成制度

2013年11月13日 更新

特定不妊治療費助成

東京都では、高額の治療費がかかる特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)について、経済的負担の軽減を図るため、医療保険が適用されない費用の一部を助成しています。
対象となる要件がありますので、最新情報及び詳細については、東京都特定不妊治療費助成制度(東京都福祉保健局ホームページ)(外部リンク)をご確認ください。
申請書類は、都内指定医療機関及び健康推進課の窓口でも配布しています。

また、調布市でも東京都の特定不妊治療費助成対象者に対して、治療費の一部を助成しています。詳しくは次のリンクをご覧ください。
調布市特定不妊治療助成金交付

東京都不妊・不育ホットライン

東京都では「不妊・不育ホットライン」として、不妊や不育症についての相談を行っています。

不妊相談

同じ不妊で悩んだ経験のある女性が、ピア(仲間)カウンセラーとして相談に応じています。

不育症相談 

妊娠をしても、流産や死産などを繰り返し、結果的に子どもを持つことができない場合を「不育症」と呼びます。「流産が続いているけれど、私は不育症かしら?」「不育症で悩んでいる人はほかにもいるの?」このようなお悩みについて、専門の研修を受けたピアカウンセラーや医師などがご相談をお受けするとともに、不育症の原因、また、検査や治療にはどのようなものがあるかなどの情報提供を行っています。

日時

毎週火曜日 午前10時から午後4時(休日及び年末年始を除く)

電話番号

03-3235-7455

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 健康推進課
電話番号:042-441-6100
ファクス番号:042-441-6101

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。