子どもの予防接種

2017年10月19日 更新

お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、百日せきでは生後3か月までに、麻しん(はしか)では生後12か月までにほとんど自然に失われていきます。そのため、赤ちゃん自身で免疫をつくり病気を予防する必要があります。その手助けとなるのが「予防接種」です。

予防接種には、予防接種法によって対象の病気、対象者、接種期間などが定められた「定期予防接種」と、それ以外の「任意予防接種」があります。また、自治体によっては独自の制度で「法定外予防接種」をおこなっている場合もあります。

定期予防接種(無料(公費負担))

定期予防接種は、病気の種類ごとに定められた対象者や接種期間があります。詳しくは種類ごとの「お知らせ」をご覧ください。また、市では接種機会を逃さないように、お子さんの年齢・月齢に応じた定期予防接種のご案内を個別通知しています。ご案内する時期の直前や、ご案内時期を過ぎてから転入した方は、健康推進課へお問い合わせください。

種類

  • B型肝炎

B型肝炎のお知らせ(203KB)(PDF文書)

ご案内を通知する時期 生後1か月に達する月の下旬

  • ヒブ 

ヒブのお知らせ(226KB)(PDF文書)

ご案内を通知する時期 「初回」生後1か月に達する月の下旬 「追加」生後10か月に達する月の下旬
(注)平成28年7月以前に生まれた方は、「追加」の通知時期が異なります。

  • 小児用肺炎球菌  

小児用肺炎球菌のお知らせ(213KB)(PDF文書)

ご案内を通知する時期 「初回」生後1か月に達する月の下旬 「追加」生後10か月に達する月の下旬
(注)平成28年7月以前に生まれた方は、「追加」の通知時期が異なります。

  • 四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)   

四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ) のお知らせ(221KB)(PDF文書)

ご案内を通知する時期 「初回」生後1か月に達する月の下旬 「追加」生後10か月に達する月の下旬
(注)平成28年7月以前に生まれた方は、「追加」の通知時期が異なります。
(注)平成24年11月から四種混合ワクチンが導入されました。三種混合またはポリオの接種が完了していない方は、指定医療機関または、健康推進課へお問合せください。

  • BCG

BCGのお知らせ(180KB)(PDF文書)

ご案内を通知する時期 生後3か月に達する月の初旬
(注)平成28年7月以前に生まれた方は生後1か月に達する月の下旬に通知しました。

  • 麻しん(はしか)風しん 

麻しん(はしか)風しんのお知らせ(160KB)(PDF文書)

 ご案内を通知する時期 生後10か月に達する月の下旬

麻しん風しんの法定外予防接種

定期予防接種(第1期または第2期)の対象期間に接種できなかった場合、7歳6か月未満の間、不足回数分を無料(公費負担)で受けることができます。接種を希望される方は、直接、市内指定医療機関へお問い合わせください。

  • 水痘(みずぼうそう)

水痘(みずぼうそう)のお知らせ(200KB)(PDF文書)

ご案内を通知する時期 生後10か月に達する月の下旬

  • 日本脳炎

日本脳炎のお知らせ(195KB)(PDF文書)

ご案内を通知する時期 「第1期初回」3歳に達する月の初旬 「第1期追加」4歳に達する月の下旬 「第2期」9歳に達する月の下旬

日本脳炎の特例措置

日本脳炎 の予防接種は、市からのご案内を見合せていた時期があり、この時期に該当する方は接種の機会を逃している可能性があります。詳細は「日本脳炎の特例措置」をご覧ください。

  • 二種混合(ジフテリア・破傷風)

二種混合(ジフテリア・破傷風)のお知らせ(158KB)(PDF文書)

ご案内を通知する時期 11歳に達する月の下旬 

  • 子宮頸がん

子宮頸がん予防接種を受ける皆さまへ(厚生労働省)(865KB)(PDF文書)

子宮頸がんのお知らせ(233KB)(PDF文書)

子宮頸がん予防接種保護者同意書(51KB)(PDF文書)

「サーバリックス」(子宮頸がんワクチン)情報(229KB)(PDF文書)

「ガーダシル」(子宮頸がんワクチン)情報(815KB)(PDF文書)

(注)平成25年6月14日付厚生労働省通知に基づき積極的勧奨を見合せています 。詳細は「子宮頸がん予防接種の積極的勧奨見合せ」をご覧ください。

予防接種スケジュール

推奨される予防接種スケジュール(参考)です。具体的なお子さんごとの接種スケジュールは、かかりつけ医とよくご相談ください。

「予防接種スケジュール」(国立感染症研究所)(外部リンク)

接種場所と予防接種の受け方・市内指定医療機関で接種する場合

事前に予約をし、接種当日は母子健康手帳と予診票をお持ちください。

予防接種を受ける際の注意点(183KB)(PDF文書)

定期予防接種市内指定医療機関一覧(284KB)(PDF文書)

市外の医療機関で接種する場合

詳細は「市外で子どもの定期予防接種を受けるとき」をご覧ください。

長期療養で定期予防接種を受けることができなかった方へ

免疫機能に支障を生じさせる重篤な疾病にかかっていたことなどの特別な事情により、定期予防接種の機会を逃したと認められる方について、接種可能となった日から原則2年間、定期予防接種として接種を受けることができます。該当される方は、かかりつけ医にご相談のうえ、健康推進課へお問い合わせください。

任意予防接種

接種するかどうかは保護者が判断するもので、接種費用は有料(自己負担)です。接種を受ける場合は、直接医療機関へお問い合わせください。 

種類

ロタウイルス、 おたふくかぜ、A型肝炎など

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 健康推進課
電話番号:042-441-6100
ファクス番号:042-441-6101

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。