第3次調布市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)

2016年4月25日 更新

第3次調布市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)を策定しました

市では、平成28年3月に、市役所の施設や事務事業などで排出される温室効果ガスの削減に向け、第3次調布市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)を策定しました。本計画では、平成26年度の総排出量14,859t-CO2を基準として、平成32年度までに総排出量3.2% (470t-CO2)以上削減かつ「中長期的に見てエネルギー消費原単位年平均1%以上の低減」を目指します。

(注)「中長期的に見てエネルギー消費原単位年平均1%以上の低減」は、エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)に基づく目標です。省エネ法において特定事業者として指定されている市長部局施設及び教育委員会施設、第二種エネルギー管理指定工場等に指定されている文化会館たづくりについては、過去5年度間のエネルギー消費原単位が年平均1%以上改善することも目標とします。

(注)都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(以下「環境確保条例」という。)の総量削減義務制度については、対象6施設(文化会館たづくり・市庁舎・グリーンホール・総合福祉センター・調布南自転車駐車場・調布南オートバイ駐車場)において、削減義務が課されていますが、環境確保条例の第2計画期間(平成27から31年度まで)における基準年度比17%の削減義務についても、現状の削減施策の継続で、目標達成が可能と見込んでいます。

本計画書は、環境政策課(市役所8階)、公文書資料室(市役所4階)、市内図書館にてご覧いただけます。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
電話番号:042-481-7086・7087
ファクス番号:042-481-7550

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。