地球温暖化防止等に貢献できる緑のカーテン

2016年9月16日 更新

緑のカーテンの効果

直射日光が窓から入ることにより、室内温度は上昇します。また直射日光を受けた壁面からも熱は室内に入ってきます。これにより、夏場は冷房負荷が大きくなります。
これを抑制するために、窓や壁面を緑で覆う「緑のカーテン」を設置することで、冷房負荷の低減(節電)、地球温暖化防止、ヒートアイランド現象の防止などの効果を期待することができます。

公共施設の緑のカーテン

公共施設でも緑のカーテンを設置しています。

本庁舎2階ベランダの写真

平成28年度は23施設において、緑のカーテンを設置しました。この中で、生育が良かった緑のカーテンを、ダウンロード「緑のカーテン設置施設写真」にて紹介しています。 

緑のカーテンを作りませんか

緑のカーテンの作り方を紹介したパンフレットを掲載していますので、ダウンロードしてご利用ください。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
電話番号:042-481-7086・7087
ファクス番号:042-481-7550

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。