「容器包装プラスチック」排出時のお願いとよくある質問

2015年5月1日 更新

二重袋不可イメージの画像

容器包装プラスチック収集袋は二重袋にしないでください

ふじみ衛生組合では、市内で収集した「容器包装プラスチック」収集袋を破袋機(はたいき)で破き、流れ作業で手選別を行っています。
この際に、外側の袋の中に小さい袋が入る「二重袋」になっていると、破袋機が中の小袋を完全に破ることができません。このため、中身を確認しないまま圧縮梱包されてしまうこともあります。
中身の確認ができない場合、危険物の混入により事故につながる危険がありますので、「二重袋」にしないようご協力ください
(注)破袋機とは、袋を破く機械のことです。

ふじみ衛生組合での手選別作業

流れ作業で手選別をしている様子の写真

よくある質問

プラスチック製の商品本体はプラスチックで出してよいのか?

プラスチック製の商品本体で、「容器」や「包装」でないものは対象となりません。「燃やせないごみ」としてお出しください。
例)CD・CDケース、おもちゃ、バケツ(40cm未満のもの)、ビデオテープ、カセットテープ、傘(袋から出ても構いません。)、文具など

汚れがついているが、プラスチックで出してよいのか?

汚れの付着したプラスチックは、リサイクルできません。食べ残しなどを取り除き、残り水などで軽くゆすぐか、ふき取るなど、見て汚れが分からない程度にしてから出してください。汚れが落ちないものは「燃やせないごみ」に出してください。 

包装についたラベルは剥がさないとダメなのか?

簡単に剥がせるものは剥がしていただき、簡単に剥がせないものは剥がさないでそのまま出していただいて構いません。

このページに関するお問い合わせ

環境部ごみ対策課業務係
電話番号:042-481-7686
ファクス番号:042-481-9039

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。