排水設備計画確認申請書の届出

2017年4月26日 更新

こんな時には届出が必要です

排水設備(宅地内の下水道管)の新設、増設、改築をする場合は届出が必要です。
届出の要否が不明な時は、お気軽に下水道課までお問合せください。

届出が必要な工事の例

  • 建物の新築
  • 水回りを含む増改築・リフォームをする場合
  • 汚水の衛生器具、ルーフドレン、雨どい等を新設・増設・移設する場合
  • 排水経路を変更する場合
  • ディスポーザ排水処理システムを設置する場合
  • 雨水浸透施設の更新をする場合
  • 空調機器ドレン汚水管の新設・増設をする場合
  • 店舗等でオイル阻集器(グリーストラップ)の新設・増設をする場合

届出にはこのような意義があります

  • 下水道の排除方式は合流式と分流式とに分けられますが、宅地内の排水設備も、この排除方式に適合するように設計・施工をしなければなりません。届出をすることで施工地域の排除方式が確認でき、適切な施工をすることができます。
  • 届出の際には、法令等に適合しているかを確認するとともに、浸水対策や排水管の詰まり防止、臭気対策等について指導を行います。そのため、お客さまにも安心して使用していただける排水設備を設計・施工することができます。

(注)排水設備の工事は条例により、調布市指定下水道工事店でなければ施工出来ません。(調布市下水道条例第4条)

調布市下水道条例で記載のとおり定められています

  • 排水設備の工事をする場合は、調布市下水道課へ事前に届出をしなければなりません。(第4条)
  • 届出をしないと、記載の罰則が適用されることがあります。

施工した事業者・指定取消し等の処分
建物の所有者等・過料処分(第6条の6、第23条)

届出の種類

排水設備新設・増設・改築等計画書について  

届出時期・排水設備工事着手7日以上前
必要書類

  • 排水設備計画確認申請書(第1号様式(第8条関係))
  • 案内図
  • 排水設備チェックシート(申請時)
  • 雨水浸透施設設置計算書
  • 平面図
  • 排水設備申請写真(合流用・分流用)

排水設備工事完了届出書について

届出時期・排水設備工事完了後速やかに提出
必要書類

  • 排水設備工事完了届(第2号様式の6(第9条関係))
  • 案内図
  • 排水設備チェックシート(完了時)
  • 浸透施設設置報告書
  • 排水設備完了写真(合流用・分流用)

注意事項

  • 各チェック欄・記載項目には漏れのないように記載してください。
  • 案内図及び平面図は十分に現場を確認し作成してください。
  • 修正液及び蛍光ペンの使用厳禁
  • 届出の受付時間は平日の午前8時30分から11時45分です。

なお、開発行為・集合住宅等の事前相談・申請書・完了届の提出については、事前に予約をお願いしております。

このページに関するお問い合わせ

環境部 下水道課
電話番号:042-481-7228~31
ファクス番号:042-481-7550

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。