FC東京 試合結果「2014J1リーグ第26節」

2014年9月29日 更新

J1リーグ第26節 柏レイソル戦

我らがFC東京は,ホーム「味の素スタジアム」で柏レイソルと対戦。ホーム戦はこの試合を含めて残り4試合です。今回のホーム戦も前節に引き続き白星で飾ってほしいです。
 
前半開始からFC東京が相手を圧倒します。
3分,徳永選手が右サイドを駆け上がり,中央に折り返すと武藤選手が合わせてゴール。驚異的な速さでの先取点となります。
アディショナルタイムでは,河野選手が相手からボールを奪うと,相手陣内に切り込んでいき,武藤選手へパス。これを武藤選手がキーパーとの位置を図って正確なシュートをゴールに流し込みます。これで武藤選手は11得点を記録し,J1リーグでの得点ランキングでは3位(9月27日現在)となり,新人最多記録まであと2つとなりました。
 
後半に入ってもFC東京の攻撃は止まりません。
50分,武藤選手が相手からボールを奪い河野選手につなぐと,すかさずペナルティエリア中央に走りこんでいるエドゥー選手にスルーパス。パスを受けたエドゥー選手が鮮やかなシュートをゴール右隅に叩きこんで3点目を奪います。
72分,左サイドの太田選手がペナルティエリア内に精度の高いクロスボールを入れると,エドゥー選手が左足で合わせて4得点目を奪い取ります。この得点でエドゥー選手が10得点目をマークし,J1リーグでの得点ランキングでは6位(9月27日現在)となります。この後も,FC東京は安定した試合運びで後半終了のホイッスル。4対0で大勝を収めました。武藤選手の活躍は視察に訪れていたアギーレ監督へ絶好のアピールになったと思います。日本代表選出への期待が高まります。
 
今回の試合結果で,FC東京は14戦連続不敗記録を更新しました。次節(10月5日)はアウェイ「ユアテックスタジアム仙台」でベガルタ仙台との一戦です。最近2試合で素晴らしい快進撃を魅せてくれているFC東京。次節も大量得点での勝利を期待せずにはいられません。
がんばれFC東京。

【J1リーグ戦順位表 2014年9月27日付】

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 浦和レッズ 53 26 16 5 5 44 21 23
2 鹿島アントラーズ 49 26 15 4 7 51 28 23
3 川崎フロンターレ 48 26 14 6 6 47 30 17
4 ガンバ大阪 46 26 14 4 8 47 25 22
5 サガン鳥栖 44 26 14 2 10 34 27 7
6 FC東京 42 26 11 9 6 40 22 18
7 ヴィッセル神戸 40 26 10 10 6 40 35 5
8 サンフレッチェ広島 38 26 10 8 8 32 30 2
9 柏レイソル 38 26 10 8 8 33 35 -2
10 横浜F・マリノス 37 26 10 7 9 29 23 6
11 アルビレックス新潟 34 26 9 7 10 20 28 -8
12 名古屋グランパス 33 26 9 6 11 34 37 -3
13 ヴァンフォーレ甲府 28 26 6 10 10 20 28 -8
14 セレッソ大阪 26 26 6 8 12 28 31 -3
15 ベガルタ仙台 26 26 6 8 12 23 39 -16
16 大宮アルディージャ 25 26 6 7 13 34 50 -16
17 清水エスパルス 25 26 7 4 15 30 48 -18
18 徳島ヴォルティス 12 26 3 3 20 11 60 -49

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 スポーツ振興課
電話番号:042-481-7496~8

このページに関するアンケート

このページの分かりやすさを回答
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの見つけやすさを回答
このページは見つけやすかったですか?
このページにどのようにたどり着いたかを回答
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。