FC東京 試合結果「2014J1リーグ第2節・3節」

2014年3月19日 更新

2014J1リーグ第2節・3節

第2節ヴァンフォーレ甲府戦

3月8日にホーム味の素スタジアムで行われた第2節。
この日はホーム開幕戦スペシャルゲストとして志村けんさんを迎え,いつもとは違う盛り上がりの中でのキックオフとなりました。


フィッカデンティ新監督の初陣は,結果こそ引き分けでしたが,魅力的なパスサッカーを展開するFC東京らしさと,新体制の新鮮さが共存し,アウェイでの貴重な勝点1を手にしております。
新体制,初勝利はやはりホーム味の素スタジアムで,と意気込んでいるのは我々だけではありません。


前半5分,新加入のエドゥー選手の思い切りの良いシュートが相手選手に当たり変化し,加入後初ゴールとなります。開幕戦からのスタメン起用の期待に応えたエドゥー選手が,果敢な姿勢でゴールを挙げ,満面の笑顔でサポーターの歓声に応えます。


開始早々にリードを奪い,一気に押せ押せムードといきたいところですが,前半20分のルーキー武藤選手の左サイド突破からの中央へのパスはわずかにあいません。
続くチャンスは前半46分,左サイドでの連携から渡邉選手に繋ぎ,シュートを放つも相手に阻まれてしまいます。
前半はシュート2本のみでしたが,1-0というスコアで折り返します。シュート決定率も大事ですが,もっとゴールが欲しい!


後半も相手陣内へ攻め込むFC東京。
後半2分,こぼれ球をひろった高橋選手の強烈なミドルシュートは惜しくもゴールポストに嫌われ,後半18分の東選手の華麗なドリブルからのシュートは,相手キーパーの好セーブにあいます。
度々のチャンスを生かし切れずにいると,甲府の反撃にあい,失点を許してしまいます。
初戦同様先取点をとるものの,追いつかれての引き分けでタイムアップ。

 

第3節ヴィッセル神戸戦

3月15日にアウェイノエビアスタジアム神戸で行われた第3節。
第2節まで終えてお互いに2分と,是が非でも勝利が欲しい両チームの戦いです。


序盤から相手に攻められ,フリーキックからゴールネットを揺らされるも,オフサイドの判定で胸を撫で下ろします。
FC東京も,東選手のドリブル突破や,スピード感のあるパス回しからの武藤選手のシュートなどで,相手陣内に攻め込みますが,惜しくもあと一歩のところでかみ合わず,スコアレスのまま前半を折り返します。


後半に入り,連携ミスも絡み2失点してしまいます。
しかし,途中出場の米本選手・河野選手が試合のリズムをかえ,幾度も決定機を演出します。
そして迎えた後半12分,中央に持ち込んだ三田選手からの縦パスを米本選手がコースを変えた先には,オフサイドラインギリギリで走りこんだエドゥー選手!
冷静に左足でゴール隅に流し込む,エドゥー選手の2試合連続弾で1点差に迫ります。
更に追加点を狙うFC東京はアディショナルタイムに,ペナルティエリア内で相手をかわした河野選手が,相手キーパーとの一対一を迎えます。決定的なチャンスで放ったシュートは,キーパーの脇をすり抜けたかに見えましたが,わずかに触られ,その後のこぼれ球も寸前で相手に防がれ同点弾にはなりません。


そしてそのままタイムアップの笛が鳴り響き、今季初の敗戦を喫しました。
この結果により第3節を終えて我らがFC東京は13位(勝点2・0勝2分1敗)となりました。

 

3月19日(水曜日)のホーム味の素スタジアムでの鹿島アントラーズとのヤマザキナビスコカップを挟んで,次節は3月23日(日曜日)にホーム味の素スタジアムでの川﨑フロンターレとの対戦。そう,負けられない戦い「多摩川クラシコ」です。
ナビスコカップの初戦・第23回多摩川クラシコで是非勝利をおさめ,2014シーズンの勢いをつけていただきたいです。

 

がんばれFC東京!!

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 スポーツ振興課
電話番号:042-481-7496~8

このページに関するアンケート

このページの分かりやすさを回答
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの見つけやすさを回答
このページは見つけやすかったですか?
このページにどのようにたどり着いたかを回答
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。