FC東京 試合結果「2014J1リーグ第9・10節」

2014年5月2日 更新

J1リーグ第9節 横浜Fマリノス戦

4月26日にアウェイ日産スタジアムで行われたこの試合。
ゴールデンウィーク連戦の初戦となるこの日は,勝点同率11で11位につけている横浜との戦いです。

前半開始早々試合が動きます。

前半6分,渡邉選手が高い位置でプレスをかけボールを奪うと,平山選手がボールを運び,地を這うようなミドルシュートを放ちます。一旦はキーパーにセーブされますが,こぼれ球に東選手が素早く飛び込み今季初ゴールをあげます。
早い時間帯でゴールを奪い,勢いに乗るFC東京は更に相手ゴールに迫ります。
前半12分,左サイドの太田選手からのクロスボールに平山選手がドンピシャであわせ,ゴールネットを揺らします。3戦連続弾!平山キター!!と会場が沸きますが,これにはオフサイドの旗が上がり,歓声がため息にかわります。
前半はFC東京ペースで試合が進んだものの,1-0のままで折り返します。

一方,後半は前半とは打って変わって横浜にペースを握られ,我慢の時間帯が続きます。
後半3分,中央を崩され,決定的なシーンを作られますが,権田選手のファインセーブで難を逃れます。
後半21分,ドリブルで持ち込まれ,シュートを打たれますが,森重選手が体を投げ出してゴールを死守します。

FC東京は後半をシュート0に抑えられますが,チーム一丸となった堅い守備で,前半序盤の東選手の得点を守りきり,公式戦3戦連続の無失点勝利を納めました。

J1リーグ第10節 名古屋グランパス戦

4月29日にホーム国立競技場で行われたこの試合。
FC東京にとって改修前の国立競技場でのラストゲームとなるこの日は,聖火台に火が灯り,SAYONARA国立競技場の旗が飾られています。
ホーム国立で有終の美を飾るためにも,今季初のリーグ3連勝を飾るためにも是非勝利を納めてほしい一戦です。

前半はお互いに中盤での攻防が続き,拮抗した展開となります。
前半10分,立て続けに4本のコーナーキックを得ますが,相手の堅い守備に跳ね返されてしまいます。
その後もお互いに攻撃の芽をつぶし合う試合となり,0-0のまま前半終了を迎えます。国立での最後の試合,勝利を願うサポーターから選手に檄が飛びます。

後半開始から武藤選手を投入し,ペースアップを図ります。後半こそはFC東京イレブンの躍動を・・・と期待していた矢先の後半3分,コーナーキックから失点を喫してしまいます。

これに対し,FC東京は前線の人数を増やし,攻撃に厚みを持たせます。

後半10分,カウンターからパスを繋ぎ,平山選手・武藤選手が体を張り,ゴール左で渡邉選手と相手キーパーとの1対1の場面を迎えます。左足から放たれた決定的なシュートは惜しくもゴールポストに嫌われます。

同点そして勝ち越しを狙うFC東京は,後半24分の平山選手のダイビングヘッド,後半35分,こぼれ球に走りこんだエドゥー選手のミドルシュートと,相手ゴールに迫りますが得点に結びつかず,0-1のままタイムアップとなります。

最後の国立を勝利で飾るべく,攻守に全力を注ぎましたが,セットプレーから許した失点が重い1点となりました。

この結果でFC東京は10位(勝点14 4勝2分4敗)となりました。
次節は,5月3日(祝日)にアウェイ埼玉スタジアム2002で4位に位置している浦和レッズとの対戦です。

頑張れFC東京!!

 

(注)2014J1リーグ順位表【第10節終了時】

順位

チーム 勝点 試合 引分 得点 失点 得失点差

1

鹿島アントラーズ

21

10

7

0

3

22

9

13

2

サンフレッチェ広島

20

10

6

2

2

15

11

4

3

ヴィッセル神戸

19

10

5

4

1

21

12

9

4

浦和レッズ

19

10

6

1

3

15

9

6

5

サガン鳥栖

18

10

6

0

4

18

10

8

6

柏レイソル

17

10

4

5

1

14

10

4

7

アルビレックス新潟

17

10

4

5

1

9

7

2

8

清水エスパルス

16

10

5

1

4

15

13

2

9

川崎フロンターレ

15

10

4

3

3

18

11

7

10

FC東京

14

10

4

2

4

11

12

-1

11

セレッソ大阪

13

10

3

4

3

14

11

3

12

ヴァンフォーレ甲府

12

10

3

3

4

8

11

-3

13

名古屋グランパス

12

10

4

0

6

13

18

-5

14

横浜F・マリノス

11

10

3

2

5

7

8

-1

15

ガンバ大阪

9

10

2

3

5

9

13

-4

16

大宮アルディージャ

8

10

2

2

6

13

19

-6

17

ベガルタ仙台

6

10

1

3

6

4

17

-13

18

徳島ヴォルティス

3

10

1

0

9

3

28

-25

 

 

このページに関するお問い合わせ

生活文化スポーツ部 スポーツ振興課
電話番号:042-481-7496~8

このページに関するアンケート

このページの分かりやすさを回答
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの見つけやすさを回答
このページは見つけやすかったですか?
このページにどのようにたどり着いたかを回答
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。