大規模土地取引行為及び大規模開発事業の届出

2012年6月1日 登録

平成17年4月から調布市ほっとするふるさとをはぐくむ街づくり条例(以下「条例」といいます。)が施行されました。記載の大規模土地取引行為及び大規模開発事業を行おうとする方は、条例の規定による手続が必要となりますので、早めの相談をお願いいたします。
なお、事前協議及び住民周知等の手続に期間を要する場合がありますので、計画(スケジュール)は十分な余裕を持たれますようお願いします。

大規模土地取引行為の事前届出・協議

事前届出の対象となる行為(大規模土地取引行為)

  • 5,000平方メートル以上(国、地方公共団体等は1,000平方メートル以上)の土地に関する権利の移転又は設定を行う行為

届出の時期

  • 大規模土地取引行為の日の6か月以上前まで

大規模開発事業の土地利用構想の事前届出・協議

事前届出の対象となる行為

  • 事業施行面積が5,000平方メートル以上の開発事業
  • 100戸以上の集合住宅又は延べ面積が10,000平方メートル以上の建築物の建築

届出の時期

  1. 大規模土地取引行為を経る場合
  • 大規模土地取引行為により土地に関する権利の移転する日の3か月以上前、かつ、当該大規模開発事業に係る事業計画の変更が可能な時期まで
  1. 大規模土地取引行為を経ない場合
  • 土地に関する権利の移転等の契約を伴う場合は、当該契約を締結する日の3か月以上前、かつ、当該大規模開発事業に係る事業計画の変更が可能な時期まで
  • 土地に関する権利の移転等の契約を伴わない場合は、当該大規模開発事業に係る事業計画の変更が可能な時期まで

 

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 都市計画課
電話番号:042-481-7402・7442・7444・7453
ファクス番号:042-481-6800

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。