調布市災害時要援護者避難支援プラン 行動計画(住民編)を策定

2012年5月10日 更新

地震や水害などの災害に備えて

調布市では、地震や水害などの災害に備えて要援護者への避難支援体制の整備を図り、地域の安全・安心の体制を強化するため、地域の組織(自治会、地区協議会、自主防災組織)と要援護者の助け合いの取組についてまとめた調布市災害時要援護者避難支援プラン 行動計画(住民編)を策定しました。

概要

目的及び概要

災害から身を守るためには、なによりもまず、市民一人ひとりが普段から災害に備え、災害時に適切な対応と行動をとること(自助)が大切です。次に、被害の状況に応じて、救出などの迅速な対応が必要となり、隣近所をはじめとした地域における初動の取組(共助)が求められます。一方で、大規模災害時には、行政機関による救援体制(公助)が整うまでに時間を要することも想定されます。
そのため、この計画では、市と協定を締結した地域の組織に対し、市が要援護者の名簿を提供し、地域組織と要援護者の平時からの交流をとおして、地域における共助の輪を広げていきます。名簿作成にあたっては、要援護者ご本人の同意を得たうえで掲載いたします。
また、市は自助の啓発や共助の体制づくりの支援について取り組み、災害時の自助・共助・公助の連携を図ります。

計画の構成

第1章 災害時における要援護者支援の必要性

  • 第1節 計画策定にあたって
  • 第2節 要援護者の対象
  • 第3節 地域における支援体制

第2章 要援護者への支援の方法

  • 第1節 支援の流れ
  • 第2節 要援護者の情報収集と名簿の作成
  • 第3節 支援組織への要援護者名簿の提供と管理
  • 第4節 支援方法の決定と個別支援計画の作成・保管
  • 第5節 災害時における支援
  • 第6節 要援護者支援のための避難訓練の実施

第3章 計画の進行と検証

このページに関するお問い合わせ

福祉健康部 福祉総務課
電話番号:042-481-7101~2・7323
ファクス番号:042-481-7058

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。