史跡下布田遺跡の追加指定

2015年11月2日 更新

平成27年10月7日付けの文部科学省告示第173号により、市内布田六丁目にある「下布田遺跡」の国史跡への追加指定が正式に決まりました。
今回、史跡中央部の780平方メートルが追加指定されたことで、指定範囲の合計面積は12,829.75平方メートルになりました。

追加指定地の写真

史跡下布田遺跡(しせきしもふだいせき)

下布田遺跡は、縄文時代晩期(約2,600年前)の遺跡で、墓域や祭祀の遺構や、呪術的な遺物が発見され、その重要性から昭和62年に国史跡に指定されています。

今回、追加指定を受けるのは、史跡範囲の中央部で、現在は生産緑地に指定されています。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育部 郷土博物館
電話番号:042-481-7656
ファクス番号:042-481-7655

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。