国土利用計画法に基づく土地取引の届出

2012年6月19日 登録

国土利用計画法に基づく土地取引の届出

国土利用計画法は、適正かつ合理的な土地利用の確保を図るため、土地取引について届出制を設けています。一定規模以上の土地取引の契約(売買等の予約を含みます。)を締結した場合には、土地の権利取得(買主)は契約締結日から2週間以内(契約締結日含む)に届出が必要です。(この届出は、市で受付し、東京都で審査を行います。)

(注)一定規模以上とは

  • 市街化区域で2,000平方メートル以上
  • 市街化調整区域で5,000平方メートル以上 

また、個々の面積は小さくても、権利取得者(買主)が取得する土地の合計が2,000平方メートル以上となる場合も届出が必要なことがあります。(「一団の土地取引」と言います。)詳しくは、東京都都市整備局都市づくり政策部都市計画課(03-5388-3216から7)、または調布市都市計画課(042-481-7453)へお問い合わせください。

届出に必要な書類

  1. 届出書及び電算入力用用紙
  2. 契約書の写し
  3. 位置図(縮尺25,000分の1以上の地形図)
  4. 周辺状況図(縮尺2,500分の1以上の図面)
  5. 平面図(公図の写し)
  6. 実測図(実測面積による売買の場合に添付してください)
  7. その他(必要に応じて委任状等) 

届出書は、都市計画課(市役所7階)にあります。また、東京都都市整備局のホームページからダウンロードすることもできます。

関連リンク

東京都都市整備局ホームページ(外部リンク)

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 都市計画課
電話番号:042-481-7402・7442・7444・7453
ファクス番号:042-481-6800

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。