(お詫びと御報告)私費支払に係る関係職員の処分及び再発防止策について

2012年7月2日 登録

環境部緑と公園課での車両関係費等の私費支払に係る関係職員の処分について

本日7月2日付けで、地方公務員法に基づき、職員の懲戒処分等を行いましたので、次のとおり公表します。

事件発生年月

平成21年9月から平成24年1月まで

事件の概要

平成24年5月22日、郷土博物館及び生活文化スポーツ部スポーツ振興課における不適正な事務処理の発覚を受け、関係事務処理に関して、全庁一斉の緊急調査を行いました。当該調査内容に従って確認作業を進めた結果、緑と公園課において平成21年度から平成23年度の3年間にわたり、車両関係費・公遊園維持補修費・光熱水費・通信費において公費を支出せず、私費により支払われていたことが判明しました。
そのほとんどは、会計担当の主任職員(53歳、女性、休職中)によるものでありましたが、係長(60歳、男性)においても、光熱水費の一部を私費で支払っていたことが判明しました。また、平成22年度の車両関係費・公遊園維持補修費において公費未払も判明しました。
私費支払の件数及び金額は129件、324万1,463円(主任職員によるもの119件、320万9,796円、係長によるもの10件、3万1,667円)であり、また、公費未払は5件、79万385円(全て主任職員によるもの)でした。
なお、上記2名の職員による公金着服の事実は認められませんでした。

処分内容等

  1. 該当職員及び処分内容
  • 環境部緑と公園課 主任 53歳 女性  減給10分の1 4箇月
  • 環境部緑と公園課 係長 60歳 男性  戒告
  1. 処分理由

本件、私費による支払及び未払については、その原因となった支払手続の遅延を含め、一連の状況について上司への報告義務を怠ったものであるとともに、調布市会計事務規則に反する支払手続であり(地方公務員法第32条の規定による法令等に従う義務違反)、調布市の行政執行に対する市民の信頼を低下させる行為であります(地方公務員法第33条の規定による信用失墜行為の禁止違反)。これらの非違行為の態様や経過、発生時における職員の体調面、過去の処分内容等を含め総合的に検討し、平成24年7月2日に地方公務員法第29条第1項第1号、第2号及び第3号の規定により、懲戒処分を行ったものであります。

管理監督者の処分内容等

  1. 懲戒処分(戒告)1名
  • 当時 環境部緑と公園課長(現 都市整備部道路管理課 主任 62歳 男性)
  1. 訓告 6名
  • 環境部長
  • 環境部次長
  • 当時 環境部次長(現 教育部次長)
  • 当時 環境部緑と公園課長補佐(現 市民部 主幹)
  • 環境部緑と公園課長
  • 環境部緑と公園課長補佐
  1. 厳重注意
    副市長

処分年月日

平成24年7月2日

調布市職員における不適正な事務処理に係る再発防止に向けた取組について

平成24年3月に発覚した郷土博物館の刊行物に係る不適正な事務処理及び同年5月に発覚した生活文化スポーツ部スポーツ振興課、環境部緑と公園課における未払や私費による支払という不適正な会計処理の事案を踏まえ、今後の再発防止に向けた取組をまとめました。

市長コメント

この度、教育委員会郷土博物館及び生活文化スポーツ部スポーツ振興課に続き、上記のとおり環境部緑と公園課の不適正な事務処理が判明したことにつきまして、市民の皆様の信頼を損なう結果となり、多大な御心配と御迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。
今後は、会計事務等に係るチェック体制の構築をはじめ、法令遵守の意識啓発や会計事務等の事務処理能力の向上などの人材育成、会計事務等に関する相談支援など、全職員が一丸となって再発防止に取り組み、市民から信頼される行政運営に努めてまいります。

このページに関するお問い合わせ

緑と公園課(不適正な事務処理について)
電話番号:042-481-7080
ファクス番号:042-481-7550

このページに関するアンケート

このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

お気に入り 使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。